犬の爪切りのやり方は?出血した時の止血方法から血管の見えない黒い爪を切るコツまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の爪切りをおうちでやってらっしゃる方も多いかと思います。

 

でも爪切りってわんちゃんのお手入れの中でも一、二を争う嫌がりっぷりをみせるものなんですよね~。

そもそも犬は指先を触られるのが苦手なので、必然的に爪切りが苦手なのです。

さらにわんちゃんは人間とちがって、爪の中に血管が通っているものですから、誤って血管ごと切ってしまい、血が出るとつい飼い主さんも慌ててしまいますよね。

中には爪が黒く、血管の位置が見えない子もいます。

 

色々と大変なことの多いわんちゃんの爪切りですが、今回はより安全な爪の切り方と、出血しても慌てないための対処法をお話しします!

スポンサーリンク  

爪の構造を知ろう!

爪を切る前に、まずは犬の爪がどうなっているのかを考えましょう。

超簡素な画像で申し訳ないのですが、編集技術がないのでご容赦ください(^^;)

実際の爪はまっすぐに伸びるのではなく、途中からかぎ爪のように曲がってきます。

 

白くて血管が透けて見えるわんちゃんであれば、このように見えると思います。

うっすらピンクに見えるのが血管で、爪を切る際は基本的に先の白い部分を切ることになります。

血管の手前1~2ミリ程度の位置で切るようにすれば、出血しません(^^)

切りたての爪は角があって当たると痛いので、気になるようでしたら爪やすりで角を丸めてあげてください。

 

爪切りの頻度は月に一度を目安にします。

わんちゃんの歩き方によってはお散歩で擦り切れるので、中にはほとんど伸びない子もいます。

そんな子は爪切りの必要がないかといえば、注意して見なければいけない爪がひとつだけあります!

 

人でいう親指にあたる爪、狼爪(ろうそう)です。

この狼爪、読んで字のごとく犬の先祖である狼が、木などに登る際にしっかりとつかむために発達した部分の爪なのですが、現代の犬は使用することがほとんどないので、爪が伸びっぱなし状態になります。

飼い主さんもこの爪に気づかずに放置してしまうことも多く、伸び続けてしまうと一周回って皮膚に刺さってしまうことも珍しくありません。

 

プードルなどの一部の犬種はすでに退化してなくなっていることもあります(中には残っている子もいます)が、基本は前足のみにある狼爪が後ろ足にもあることも。

さらには稀に二本爪があるなんてこともあります。

愛犬の爪をしっかりと確かめてから、切り漏らすことのないようにしましょう!

まとめ
  • 月に一度くらいの頻度で爪の長さを確かめよう
  • 切るのは血管の手前1~2ミリ程度まで
  • 狼爪があるかどうか、すべての足をチェックしよう

おすすめの爪切りは?

現在各メーカーから様々な犬用の爪切りが販売されています。

大きく分けてギロチンタイプニッパータイプがあります。

 

基本的に、中・小型犬の爪を切る際はギロチンタイプのものがおすすめです。

ニッパータイプは爪が硬くて大きな大型犬や、巻き爪をしてギロチンタイプが使用できない時にのみ使います。

普段使いには深爪しやすいので避けたほうが無難です。

 

私もこれまで色々なメーカーの爪切りを使用してきましたが、一番使いやすかったのはこれです。

 

楽天で購入

 

おそらくほとんどのトリマーがこれを使用しているのではないかというほど、シンプルでメジャーな爪切りです。

切れ味が良く、バネも程よい硬さで握りやすいです(^^)

付属のやすりは少々使いにくいので普段は別の物を使用していますが、おうちに1本あれば便利ですので、おまけでついてくるのは嬉しいですね♪

爪切りは消耗品!

切れ味が悪くなったら、わんちゃんにも余計な力が加わって爪切りを嫌がるので、思い切って買い替えましょう!

黒くても大丈夫!血管を傷つけない爪の切り方

では実際に爪を切るときの手順をご紹介します。

まずはまっすぐに血管から数ミリ手前の位置で爪を切ります。

ただしこれだけではまだ長く、さらに角が残ってしまってとても痛いので

このように、角を取っちゃいましょう!

 

一回目で思い切って切れなかった場合、もう一度まっすぐ切ろうとすると深爪しやすいので、角を取るように左右交互に斜めに切っていって、長さを調節します。

血管は爪の中央部分が一番長くなっているので、角から切っていくのが安全です。

 

できるだけ血管ギリギリまで切るようにしましょう。

なぜかというと、爪が長いと血管も一緒に伸びてしまうからです!

 

血管ごと伸びてしまえば、それ以上切ろうとすれば出血は避けられません。

 

爪の長さの目安は「歩くときに床に当たらない長さ」が適切です。

もしフローリングの床を歩くときにカチカチ音が鳴っているようでしたら爪が伸びている証拠ですので、それ以上切れないようでしたら、出血することも踏まえてトリミングサロンや動物病院で切ってもらいましょう。

黒い爪の切り方

真っ黒な爪のわんちゃんの場合、血管が見えません。

爪がくるんと巻くほど伸びていなければ、黒い爪をカットする際は①を飛ばして角取り方式で爪を切っていきましょう!

 

黒い爪がまだ血管より遠い場合、中心部分は白く粉っぽくなっています。

この状況ならまだ切る余地があるので、少しずつ角を落としながら切り進めていきましょう。

黒い爪を切っていくと、血管に当たった時、このように少し色が違って見えてきます。まるでアルデンテにゆでたパスタのようですね~!

中心にある血管に触るとぷにぷにと柔らかいです。

 

ここまでくると血管はそこまできているので、爪切りはここでストップ。他の爪もこれを基準にして同じ長さに揃えてあげましょう(^^)

きちんと毎回すべての足の爪切りしていると血管の長さもそろっているはずなので、大体の長さまでは思い切って切っちゃっても大丈夫ですよ!

爪切りをストップする目安
  • 中心部分の色が変わった
  • 中心部分がしっとりと柔らかくなった
  • 全ての爪を同じ長さに揃える
スポンサーリンク  

出血した時の対処法

とはいえ、つい深爪してしまい、出血しちゃった!なんてことも良くあります。

血が出ても慌てずに対処していきましょう!

少量なら圧迫して止血する

少し血管に当たってしまい、爪の先からじんわりと血がにじむ程度でしたら、ティッシュやガーゼなどでしばらく出血箇所を押さえておけば大丈夫です。

すぐに血管の先に膜が張るので、過度に気にする必要はありません。

止血剤を用意しておく

 

楽天で購入

 

 

どこのトリミングサロンでも必ずといっていいほど使われているのが、この「クイックストップ」という止血剤です。

血管を深く切ってしまって、血がたくさん出てしまった時は、これを使うと即座に止血できます。

中身は黄色い粉末ですので、その粉を出血箇所に付けて圧迫します。

 

その原理は薬品で血管を焼いて止血するというものです。

血管を焼くのだから犬が痛いのでは?という意見もありますが、今までこれを使用して痛い素振りをみせた犬はいなかったので、実際のところどうなんでしょうかね…?

使用の際はガーゼやティッシュなどで指をカバーしないと、指の皮ごと焼いちゃいます(!)が、実際のトリミング現場ではそんな暇ないので(笑)、そのまま思い切り指を突っ込んで使用してました。

もちろんなんの痛みもありませんし、皮がむけることもないですのでご安心ください(^^)

 

昔の止血剤がなかった頃は、血が出たら患部を線香で焼いてしまうという方法もあったそうですが、聞いてるとそっちの方が痛そうですね(^^;)

小麦粉で代用する

止血剤がない時は、小麦粉で代用するという手もあります。

小麦粉なので、わんちゃんが舐めても安全です。

使用方法は止血剤と同じく、患部を小麦粉で押さえます。

 

ただし止血剤と違って、小麦粉は血を吸って固めるだけの効果しかありませんので、一度は出血が収まってもしばらくは血が出やすくなっています。

なかなか出血が止まらない場合は動物病院で止血してもらってください。

まとめ

爪切りはコツをつかめば、おうちでもケアできます!

頑張ってなんとか爪を切ろうと、無理な体勢になっていたり、時間をかけすぎてわんちゃんが嫌がることもあります。

飼い主さんもわんちゃんも爪切りに慣れていない時は、焦らず一日一本から始めても大丈夫!

上手くカットできたら、たくさん褒めて愛犬を爪切り好きにしちゃいましょう(^^)

スポンサーリンク  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*