爪切りの時の暴れる・噛むどうする?犬が嫌がる理由と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、爪の切り方についての記事を書きました(→犬の爪切りのやり方は?)が、爪切り嫌いなわんちゃんって本当に多いです。

普段はおうちでシャンプーしていても、爪切りだけはやらせてくれなくて美容院や病院にお願いするという人もたくさんいらっしゃいます。

もちろんそれもひとつの方法ですが、爪切りといえども安くて500円くらいはかかります。

毎月切ってもらうと、年間6000円…ちょっといいところでランチできますね(笑)

どうせならおうちで全部お世話できた方が、爪切りに連れていく時間も手間もなくなって嬉しいですよね。

爪切りは嫌がってできない!というわんちゃんも、トリマーはちゃーんと切れるんです!

それは嫌がるわんちゃんへの対処法を知っているから(^^)

今回の記事では爪切りを嫌がって噛んでくる犬への対処法と、おうちでできる爪切りを克服するためのケア方法までご紹介します!

スポンサーリンク  

犬が爪切りを嫌がる理由3パターン

そもそもなぜ、わんちゃんは爪切りが苦手なのでしょうか?

いくつか考えられる理由がありますので、まずはそこから考えてみましょう!

足先が敏感

犬は本能的に足先を触られるのを嫌がります。

もともと狩りをしていた動物ですので、足は犬にとって大事な生命線。

そのため、武器となる足や爪を守ろうとして、足先を触ると咄嗟に引っ込めてしまうのです。

以前嫌な思いをしたことがある

爪切りをした時に痛い思いをしたり、つい叱ってしまってトラウマになってしまったというパターンです。

爪切りに嫌なイメージがついてしまって、気配を察しただけで隠れてしまう子もいます。

一度ついたイメージを変えるのは大変ですが、「爪切り=怖くない」ということを、ゆっくりと時間をかけて教えていく必要があります。

無理な体勢で切っている

逃げ出そうと暴れるわんちゃんを無理に押さえてはいませんか?

爪を切るのに必死になるあまり、気づかないうちに無理な体勢になっていた…なんてことも考えられます。

無理な体勢になると、ますますわんちゃんは嫌がってもがきます。

まずは飼い主さんが冷静になりましょう!

お互いの恐怖心を取り除くためには

暴れるだけならまだしも、本気で嫌な時は噛んでくることもあります。

普段は穏やかな愛犬も、この時ばかりは必死なんです…大目に見てやってください(^^;)

 

とはいえ、噛んでくるほど必死なわんちゃんの恐怖心は相当なものでしょう。

そして同じくらい飼い主さんも怖いと感じますよね。いくらかわいい愛犬でも、噛まれたら痛いんですからその気持ちは当然です。

 

そして厄介なのは「恐怖心は伝染する」というところ。

 

飼い主さんが怖がっていれば、愛犬にも伝わってますます怖がってしまいます。

なので、まずは飼い主さんの恐怖心を取っ払ってしまいましょう!

 

じゃあどうすればいいの?

 

噛まれなくなればいいんです!

噛まれずに爪切りする方法

トリマーは犬の動きを熟知していますので、ある程度は保定のみで犬をコントロールできます。

ただしこれは慣れていなければ逆効果にもなり得るので、飼い主さんがいきなり嫌がる愛犬を保定でコントロールするのは難しいでしょう。

 

また、中には「犬を高いテーブルに載せると大人しくなる」という人もいますが、これまたしっかり管理していないと飛び降りて骨折…なんて事故も起こり得るのでおススメできません。

 

ですので、今回はもっと手軽で簡単な方法をご紹介します。

用意するのはこちら↓

そう、ご存知エリザベスカラーです。

本来は傷があるときに患部を舐めないように装着したりするものですが、裏を返せば口が届かないから噛まれる心配がないのです!(もちろんカラーの中に手を入れたら届きますが)

口輪をするよりもわんちゃんにもストレスを与えませんし、怪我をした時は一日中カラーを付けなければいけないので、慣れておくと安心です。

もしおうちになければ一枚置いておけば、爪切り以外でもいざという時にとっても役立ちますよ!

 

昔はブルーの硬くて重いプラスチック製が主流でしたが、今は柔らかい布製など、様々なエリザベスカラーが販売されています。

おすすめは上記のような筒が長いロングタイプ

軽さや見た目重視のエリザベスカラーは、結局口が届いてしまって意味がなくなり買いなおすことに…ということにもなりかねません。

ロングタイプは種類が少ないのですが、特にダックスフントなどの長頭種は必ずこちらを購入するようにしましょう!

 

さて話は戻りますが、こうしてエリザベスカラーを巻いた犬は視野が狭まり、それだけで普段より大人しくなることもあります。(慣れたら変わりませんが笑)

少なくとも、手を入れない限りはこれで噛まれることがなくなりますので、安心してゆったりとした気持ちで爪切りを行いましょう!

「さあ、爪切りするぞ!」と気合を入れるのではなく、あくまで普段と変わらない気持ちで行うことが大事です。

構えてしまうとわんちゃんも構えてしまいますよ!

始めからうまくいくことはありません、のんびりまったりリラックスして焦らないことです(^^)

まとめ
  • ロングタイプのエリザベスカラーを装着すると噛まれない!
  • 犬は飼い主さんの心の鏡!リラックスを伝染させよう
スポンサーリンク  

爪切りを克服する方法

爪切りで噛まれなくなったとしても、一番初めに紹介した通り、根本的にはまだまだ犬にとって嫌な印象は残ったままです。

なので、爪切りを嫌なことから、好きとまではいかなくても怖くないことなのだと教えてあげることが重要です。

嫌なイメージを払拭するには根気と時間を要します。

今からお教えすることを実践して、少しずつ爪切りのイメージアップを図りましょう!

足先を触られることに慣れる

まずは足先を触られることに慣れましょう。

これは爪切り以外の時に取り入れてみてください。

例えば、一緒におもちゃで遊んでいる時にそっと触れてみたり、お手をしたら優しく握るなど。
わんちゃんにとって嬉しい・楽しいことをしている時に行うのがポイントです!

飼い主さんもにこにこ笑顔で実践してくださいね♪

爪切りをするといいことが起こる

足先を触ることにも慣れ、いざ爪を切るぞ!と思っても、爪切りを見ただけできっと逃げ出してしまうことでしょう(笑)

そんな時は無理に連れてくるのはやめましょう。わんちゃんが逃げ出したら飼い主さんは爪切りを傍らに置いて、ゴロゴロしながらテレビでも見てましょう!

そのうち「あれ?爪切りしないの?」と愛犬は戻ってくるはず(^^)

戻ってきたら愛犬を褒めてあげて、その日の爪切りはおしまい!

爪切りを持っても逃げなくなれば、持ったまま愛犬を抱っこして褒める。

爪切りを足先に当てて褒める。

一本でも切れたら褒めまくる!

こうして段階を踏んで、少しずつ爪切りへのイメージを変えていきましょう!

ご褒美におやつを与えるのも良いですね♪

 

ちなみに爪切りは消耗品です。何年も同じ爪切りを使用したり、反対にしばらく使わないと刃の切れ味も悪くなります。

切れ味の悪い爪切りは、切るのに力が必要になり、犬に与える衝撃も大きくなります。

「なんか切れにくいな」と感じることがあれば、新しいものに買い替えることをおすすめします!

おすすめはこのライフの爪切り!

今まで色々な爪切りを使ってみましたが、やっぱりこれが一番使いやすかったですね(^^)

多分とほんどのサロンで使用されていると思います。

軽い力でよく切れるので、わんちゃんにかかる負担も小さくてすみますよ。

 

 

うまくできるようになるまでは割り切って、しばらく爪切りはプロにお任せしましょう。

ただし、中には犬の気持ちを無視してどんな手を使ってでもとりあえず切れれば良しとするショップも残念ながら存在します。

そのようなショップにお願いすると、いつまでたっても恐怖心が消えることはないでしょう。

愛犬とトリマーの相性も、爪切り克服には重要となります。どうか信頼できるトリマーさんを見つけてください!

爪切りの姿勢を考える

爪切りの際は犬の足を持って上にあげる動作をしますよね。

ここで気をつけてほしいのは犬の足の関節は横に広がらないということ。

犬には鎖骨がありませんので、基本的には人間のように腕を横に開く動作ができません。

後ろ足も同様に前後の動きしかできませんので、無理に横に引っ張ると嫌がるだけでなく、最悪関節を痛めてしまいます。
爪切りの時は前後方向に軽く持ち上げるだけにしましょう。

 

 

ところで、お気づきでしょうか?

 

この克服する方法、冒頭で挙げた爪切りを嫌がる理由と正反対のことをしているだけなんです!

飼い主さんの意識を変えれば、愛犬も変わります!

嫌いなことを好きなるのはとてつもなく大変ですが、ほんの少しだけでも苦手意識をなくす工夫を日々の中に取り入れてみませんか?

まとめ

爪切り嫌いのわんちゃんには、とにかく無理強いしないこと!

爪切りはしつけだけでどうにかなる問題ではありませんが、「噛んでくるからやめよう」では、犬も「噛んだらやめてもらえる」と学習してしまいますので、やめるタイミングも重要です。

犬が噛んでくるのは最終手段です。

噛もうとする前に少しでも我慢している素振りを見せたら「我慢できてえらいね!」「頑張ったね!」とたくさん声をかけて、いいイメージのまま終わるようにします。

噛まれないようにエリザベスカラーを取り入れながら、爪一本でも切ることができたらたくさん褒めてあげましょう!

爪切りは怖くないんだと、お互いに思えるようになったら大成功です(^^)

スポンサーリンク  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*