トイプードルの子犬におすすめの餌は?ドッグフード選び方や適量はどのくらいか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイプードルは毛が抜けなかったり体臭も気にならないなどの特徴があり、テディベアカットなどカットの仕方によって可愛さが倍増したりするので最近ではトイプードルを飼っているご家庭も多いですよね!

 

また、トイプードルは小型犬の中でも頭のいい犬種なのです。

人気犬種ランキングでも常に上位にあがっています♪

 

この記事を読んでくれているということは、そんな魅力に惹かれてトイプードルを飼い始めたけど、どんなフードが良いのか悩んでいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は初めてトイプードルを飼う人に向けて、トイプードルの子犬にオススメのドッグフードとフードの選び方のポイントを紹介したいと思います!

トイプードルの子犬用ドッグフードを選ぶポイント

ペットショップなどにいくと、トイプードル専用のドックフードや他にも子犬用のフードがたくさんありますよね。

種類が多くて、結局どれを選べばいいのか分からないと迷う飼い主さんも多いと思います。

 

ずばり、ドッグフードを選ぶポイントは、大きく二つあります。

  • 栄養価
  • 原材料

「ドッグフードなんて、どれも同じじゃないの?」と思われるかもしれませんが、これは大きな間違いです。

人間の食品においても、添加物などが体に影響を与えると言われていますが、ドッグフードにおいてはそれが非常に顕著です。

詳しくは後述しますので、先に基本的な「栄養価」のお話からしますね。

 

まず、成犬用と子犬用フードの大きな違いは「栄養素」です。

 

子犬は成犬よりも食べる量が少ないので、少ない量でも十分に栄養をとれるように、といった目的で作られているものが多いのです。

子犬はものすごい速度で成長していくので、それだけ多くの栄養とカロリーを必要とします。

 

子犬に必要な栄養素はAAFCO(Association of American Feed Control Officials:米国飼料検査官協会)が定めた基準を参考に

  • たんぱく質含有量22%以上
  • 脂肪含有量8%以上

が子犬用として適切なフードです。

 

 

また、ドックフードはたくさんの種類があり、1㎏あたり300円程度の安いものから3000円以上の高いものまで値段も様々ですよね。

 

みなさんはドックフードを選ぶ時に何を基準に選んでいますか?

特に値段で選ぶという人は注意が必要です。

 

安いドックフードはお値段は魅力的に思えますが、原材料が高いフードと全然違うのです!

高いドックフードには良質な原材料しか含まれていないのに対して、安いドックフードのメイン原材料は「穀類」です。

 

穀物の中には「小麦」や「トウモロコシ」、「大豆」などが含まれています。

とはいえ、これらが「絶対悪」というわけではなく、きちんと計算されて消化吸収しやすい加工がなされたドッグフードもあります。

穀物は犬にとっても栄養価が高く、お腹の調子を整えるという役目もありますので、アレルギーがなければ絶対にグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードである必要はありません。

 

ではなぜ安いフードのメインが「穀物」なのが問題なのでしょうか?

 

それは犬の生態を考えればわかりますが、犬はもともと「肉食動物」です。

現在人に飼われている犬はほぼ雑食なので、もちろん肉以外も好んで食べますが、いくら雑食といえどもパンやとうもろこしばかりでお腹を膨らませていたら、たんぱく質をはじめとした栄養素が全然足りません。

 

例として、あえて名前は出しませんがスーパーでもよく見かける某激安ドッグフードの原材料を見てみましょう。

穀類肉類(チキン加水分解物、チキン、ビーフ等)、大豆、油脂類(パーム油等)、タンパク加水分解物、植物性タンパク、ビートパルプ、キシロース、野菜類(トマト、ほうれん草、にんじん)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)、pH調整剤

原則、左上から順番に使用されている割合の多いものから書かれています。

 

一番多いのが「穀類」ですね。しかもこれ、米かとうもろこしか小麦か、一体何が使われているのか全く分かりません(^^;)

次いで肉類(チキン加水分解物、チキン、ビーフ等)とありますが、表記も非常にあいまいです。等って何?って感じですね…。等の中にははっきり表記できない何かがあるのではと疑ってしまいます。

実際、ペットフードの安全性に関する法律が今の日本ではとっても緩いので、平気で食用に値しない肉がドッグフードに使用されていることもあります。(こちらの記事内で少し紹介していますので、興味のある方はどうぞ)

 

その他の原材料もなんだかはっきりしませんね。

また、ここで使われている着色料や酸化防止剤は、発ガン性も認められている物質です。

家族同然の愛犬には、できれば与えたくない物質です。

 

栄養表を見ると「たんぱく質18%以上」ですが、これはAAFCO(全米飼料検査官協会)が定める成犬用フードの基準を満たしてはいるものの、下限ギリギリの数値です。

一応肉類が原材料2位にありますが、よく見ると他にも「タンパク加水分解物」「植物性タンパク」という謎のたんぱくが入っており、これではよく分からない原材料も混ぜて「無理やり基準を満たしただけ」にしか見えません。

 

では、お聞きします。

このドッグフード、実はとってもお安いのですが、愛犬に与えようと思いますか?

 

 

一方で、人間でも食べることができる「ヒューマングレード」のドックフードは、原材料にこだわって新鮮で良質な肉や魚を主原料にしており、高たんぱくで無添加なのが特徴です。

中には「飼い主さんもご試食どうぞ!」と書かれているドッグフードもあるくらい品質に自信があるものばかりなので、安心して愛犬に食べさせることができます♪

 

つまり、高めのフードには良質な原材料しか使われていないので、安いものと比べるとどうしても値段に差が出るのです!

 

なので安価なドックフードは愛犬のことをおもうのならばオススメはしません。

愛犬の健康を思うのであれば、良質な原材料が含まれていて栄養価も高い、あまり安すぎないものを選ぶようにしましょう。

ドッグフードの適量ってどのくらい?

個体差があるので、給餌量を目安に、体重の増加や体型、便の状態を見ながら適宜調節していく形になります。

ドッグフードのパッケージには、体重別に給餌量の目安が書かれています。

一度現在の体重とフードの一日量をきちんと量ってみてください。案外、思っていた量と違う場合がありますよ!

給餌量はドッグフードの種類によって違うので、種類を変える時はきちんと確認してから与えてくださいね。

 

 

子犬はコロコロで可愛くふっくらしている体型が一般的ですが、胸のあたりを触ってみて少し肋骨が分かる程度が健康的です(^^)

目で見て肋骨の形が分かるくらいになると痩せすぎですので、少しづつ給餌量を増やしましょう。

 

最もわかりやすいのは便の状態を見ることです。

健康的なウンチはしっとりとして押すと簡単につぶれますが、掴んでも形が崩れない程度の硬さがあるものです。

コロコロで硬いウンチはフード量か水分が足りていない証拠。

積極的に水分を取るように促し、それでも改善されないようであれば、少しずつフード量を増やしてあげましょう。

 

逆にウンチが柔らかくて持ちあげることができない時や、明らかな下痢の場合は与える量が多すぎる可能性があります。

が、それ以外の原因(ストレス、アレルギー、寄生虫、感染症など)も十分考えられますので、軟便の時はそのウンチを持って動物病院で診てもらうことをおすすめします。

おすすめのドッグフード

上記で紹介したドックフードの選び方を踏まえて愛犬の健康をサポートするドックフードを選びたいと思う飼い主さんがほとんどだとおもいます!

しかし、良質なドックフードといってもこれもまた種類がたくさんあるんですよね。

 

どれを選べばいいか分からないという飼い主さんもいるでしょう!

トイプードルの子犬にオススメなドックフードを紹介しますね♪

 

オススメなドックフードは以下の2種類です。

  • オリジンパピー
  • フレッシュミックス スモールブリード パピー

では、それぞれ詳しく解説していきますね♪

オリジン パピー


原材料
新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮イエローテイルカレイ、新鮮全卵、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮鶏心臓、新鮮七面鳥心臓、新鮮丸ごと大西洋ニシン、 ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレート丸ごとサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート七面鳥レバー、 丸ごとグリーンピース、丸ごとシロインゲン豆、赤レンズ豆、新鮮チキンネック、新鮮鶏腎臓、ピント豆、ヒヨコ豆、グリーンレンズ豆、鶏肉脂肪、天然鶏肉風味、ニシン油、粉砕鶏骨、鶏軟骨、七面鳥軟骨、ドライケルプ、フリーズドライ 鶏レバー、フリーズドライ 七面鳥レバー、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごと梨、カボチャの種、ヒマワリの種、亜鉛タンパク化合物、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥プロバイオティクス発酵生成物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

 

成分表
  • たんぱく質 38%以上
  • 脂肪 18%以上
  • 炭水化物 20%以下
  • 水分 12%以下
  • 繊維 4%以下
  • 灰分 8%以下
  • カルシウム 1.2%以上
  • リン 0.9%以上
  • オメガ6 3.3%以上
  • オメガ3 0.8%以上
  • DHA 0.2%以上
  • EPA 0.2%以上
  • グルコサミン 700mg/kg以上
  • コンドロイチン 600mg/kg以上
代謝エネルギー 394kcal/100g

原材料の80%に犬が好きな肉が原材料として使われていて、成長期の子犬に必要な栄養価の高い動物性のタンパク質やエネルギーが豊富に含まれています!

 

また、オリジンのフードはグレインフリーでフルーツと野菜を豊富に使い、ビタミンやミネラルなどの栄養をしっかりと摂取できるようになっています!

ほとんどのドッグフードではビタミンやミネラルなどが添加されていますが、オリジンはそれらをしっかりと食品から摂取できるように計算されているんですね(^^)

 

 

オリジンは現在新規購入者の方限定で全額返金キャンペーンをやっています。

気に入らなければ全額返金されるので、お試しにはもってこいのキャンペーンです。

もしオリジンのフードが気になるけど高いから迷っているという人は、このようなキャンペーンもしているので1度購入してみて愛犬が気に入るか見てみましょう!

 

粒が大きくて食べにくそうだったという意見や高すぎるという意見もありますが、高品質なので気になった方は食べさせてみてくださいね♪

アーテミス フレッシュミックス スモールブリード パピー


原材料
フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・卵・玄米・えんどう豆・えんどう豆粉・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)・豆タンパク質・トマト搾り粕(リコピン)・黍・フレッシュダック・フレッシュサーモン・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・サーモンオイル(DHA 源)・塩化コリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれん草・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グリーンティエキス・大麦エキス・L-カルニチン・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウム アニマリス・ラクトバチルスロイテリ・ビタミンE・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸塩ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン・ビタミンD・葉酸

 

成分表
  • 粗蛋白質28.0%以上
  • 粗脂肪17.0%以上
  • 粗繊維4.5%以下
  • 粗灰分7.9%以下
  • 水分10.0%以下
  • オメガ6脂肪酸3.3%以上
  • オメガ3脂肪酸0.4%以上
  • カルシウム1.60%
  • リン1.10%
  • ナトリウム0.39%
  • マグネシウム0.12%
代謝エネルギー 368.7kcal/100g

このフードには6つの特徴があります

①人間でも口にできる食材を使用している

②複数の動物性タンパク質を配合

③必要な栄養素をふんだんに配合

④抗酸化物質の働き

⑤ペットにとって安心な物質しか含まれていない

⑥独自の製法

さらに小粒なので子犬にも与えやすく安心ですね!

 

アーテミスのドッグフードは高品質ながら比較的購入しやすい価格です。

なかなかこのお値段で買える高品質フードは少ないので、「できるだけ価格を押さえたいけど、安心して与えられるドッグフードを買いたい」という飼い主さんにおすすめです♪

まとめ

トイプードルの子犬を飼い始めるとドックフードを選ぶのに迷うこともあると思います!

可愛い愛犬の健康を維持するために食事も気遣ってあげたいですよね♪

 

ドックフードを選ぶ時に注意してほしいのが、安いドックフードには穀類や添加物などが含まれているため愛犬の健康に影響を与えてしまう可能性があるということです。

 

一方で少し高めの良質なドックフードには人間が食べても大丈夫な安心な材料しか使われていないのです。

この記事で紹介したフードが気になった方はぜひ愛犬に与えてみてくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*